バリ島、再び!
3年ぶりのバリ島です。また来たよ!って感じで、迎えくれました!
あの時は、学生でした。今回、ゆっくりすることの意味合いがわかってきました。

sakurachyan

(今回の主役、さくらちゃん)

99年6月中旬に、またしても?海外行きタイ病を発病しました。で、以前行ったところをもう一度行きたいなぁって思いました。そこで、バリ島の友人、Manik一家に、2年前子供さんが生まれました。近いうちに行きたいなぁって思いつづけていましたが、今回会いに行くことと、ボーッとするを目的に行ってきました。

実は、僕にはバリ島での名前がありまして、それもかなり浸透しています?Bagonって言う名の大きな日本人である僕は、前回何度もそう呼ばれ、さらに人気を得てました。今回も、再会した友人は、みんな、Bagonって呼びかけてくれました。それよりも、覚えていてくれたんだ!って言うほうがすっごく嬉しかったです。Bagonっていうのは、僕はまだ見たことないけど、インドネシアでめっちゃ売れてるらしいコメディアンみたいで、なんとなく風貌が似てるらしいって言うか、結構みんながBagonに似てるって言ってくれました。

wayan

マニックの兄さんも、バゴン!って声を掛けてくれた。一瞬、びっくりしたけど、懐かしかった!

yoyo

めっちゃカッコイイ、ヨーヨもバゴンって覚えていてくれた。そして、現在結婚していた。

manik&yoshy

僕の友人、さくらちゃんのパパ、マニックです。マニックにまた会えて、すごく楽しかった。そして、今回はバリヒンズー教の地元のお祭りにも参加させてくれた。これは、一観光客に過ぎない僕は、本当なら参加できる訳ないんですが、そこをマニック、マニック母ちゃんのおかげで、参加させてくれた。これは感激でした!!そして、現在マニックは、写真の後ろのなんかいいなぁって思える場所で、二軒目の宿を作っています。で、体力に自信の?ある僕は手伝う!って張り切っていたものの、つくづく戦力にならなかった、と思うこと仕切りでした。でも、ここはホンマにボーッと出来そうで、静かで、後ろが川やから、蛍とかすごく綺麗やろうなぁっていう、ロケーションです。


僕の大好きな、豚の丸焼きを食す!!

babigubin

豚の丸焼きって、正式な名前は、バビ・グビン。めっちゃ大好きなご飯です。豚(主に子豚)を丸焼きにして、それをカットしてバナナの皮にご飯と盛ってくれます。そして、オレンジジュースって言うか、これまた絞ってくれるミカンのような柑橘系のジュースと一緒に食べると、もう言うこと無しです!!めっちゃ美味いです!これを毎日、二杯食ってました!日本ででも食べれたら、いいんやけど、でもバリ、ウブドで食べるからこそ、雰囲気もいいんですがねぇ・・・。あと、タイのような味の魚を丸ごと揚げたんとか、混ぜご飯(これまた、僕の大好物)を食べれただけでも、楽しかったです。基本的に、エンゲル係数高いです。


PONDOK KECIL のアットホーム的雰囲気!

マニックの経営する、PONDOK KECILは宿泊客同士が集まる、テーブルがあります。もちろん、毎夜そこで話したり、ボーッとしたりして、知らん間に眠くなって、寝るわって感じで時間が過ぎていってしまいます。前回ももちろん、今回もいろんな方と知り合いました。


keikoyamadasan ookisanarucyan mayumisansaccyan

左の写真から、北海道から来てた山田さん夫妻に、大阪から来てた圭子さん。飯を食べに行ったり、ビール飲んだりしてました。

真ん中は、帽子をかぶったマニックに、以前はマニックの妹のクットゥーが手伝ってたけど、結婚したんでアルティニが掃除をしてくれたりしてくれました。後ろの白のシャツの人は、おかあちゃん!って親しめる雰囲気を持った大木さんです。一ヶ月宿泊してました。小笠原から来てて、今までの子育てと仕事を一段落したんで、自分のためにゆっくりしたいなぁっていう思いで二度目のバリに来たい!って言う夢を実現し、満喫してました。すごく、話しやすい雰囲気を持ってて、どことなくうちの母親にも似てるんです。歳を感じさせない生き方って、カッコイイです!大村しげさんって言う京都の人が、76歳でバリを気に入って、住んでそこで、一生を終えた方がいます。本にもなってて、それを読んだら、またここに来よう!っていう勇気が湧いてきたって言ってました。そう、旅に定年はありません!行きたくなったら、行く。それを世間体とか、なにかを気にしてるようだったら一歩を踏み出せない、ってことをずっと話しました。また、会いたい!ですね。小笠原の話も面白かったし、行きたいなぁ!!

右の写真は、マニックの愛妻のまゆみさんと、愛娘さくらちゃんです。

landcruisersaccyanyoshy

今回の目的の、さくらちゃんに会う!を実現させ、そして毎日遊んでもらいました。大体、小さい子には泣かれるんです。でも、さくらちゃんは、愛嬌ある目で、泣いたりとか全くなく、自然に楽しく毎日を過ごしていました。また、今度来るとき、おぼえてくれたら、楽しいだろうし、また近いうちにまた行きたいです。今回、友人にも言われましたが、なんで観光地に行ってへんの?と素朴な疑問を投げかけられました。今回は、気分的にまさに、里帰りに近く、ゆっくりするを目的だったんで、それだけで満足しています。まぁ、エジプトに行って、ピラミッドを見なかったとか、ニューヨークに行って、自由の女神を見なかったとか言う、旅があってもいいと思います!そう、旅は自分が満足できたら、それでいいと思います。そして、最後の日、マニックとさくらちゃんが空港に送ってくれました。空港まで、機嫌良く話しまくってた僕は、ゲートをくぐる瞬間になんでか分らないぐらい、とめどなく涙が出てきました。前日に帰国した、大木さんもそうだったってマニックが言ってましたが、僕も・・・。リゾート客の中ですこし浮きかけましたが、なんとか数分で収まりましたが、楽しかったし、懐かしかったし、また行きたいですね!ありがとう!!


マニックのところに行くと、ホッと出来ます。バリに行って、のんびりしに行って下さい。
連絡先を書いときますね。でも、地球の歩き方にも、載ってるようでしたが。

PONDOK KECIL
Jl Suweta Lorong Tegal Ubud Kaja(80571) Glanyar Bali Indonesia
Tel&Fax +62−361−973364

プロフィール


SEO [PR] [ Windows7 f ^T[o[ Cu`bg SEO